2006年07月14日

The Killers の新曲が最後まで聴けます!

The Killers のニューシングル "When You Were Young" がオフィシャルサイトで全部聴けます。オフィシャルサイトに行くと自動的に曲が流れ始め、自分で止めない限りずっと流れ続けます。(画面の下中央に PLAY, STOP ボタンがあります。)

The Killers - official site

ちなみに私は1時間半ぐらいずっと聴いてました。やっぱり40秒聴くのと1曲全部聴くのでは違いますね。なかなかいい感じです。

そして、アルバムのタイトルは "Sam's Town" に決まったようです。 MTV News によると、この "Sam" とは、1940年に Las Vegas に来て、60年代の終わりにカジノのオーナーになった Sam Boyd という人のことです。そして、その彼が75年に開いたカジノが "Sam's Town" という名前だそうです。Las Vegas 出身の彼ららしい名前ですね。ちなみに "Sam's Town" はこのアルバムに収録されている曲のタイトルでもあります。どうやらこの曲が title track になることが先に決まっていて、それからタイトルをつけたみたいです。アメリカでのアルバム発売は10月3日です!(オーストラリアは9月30日?)

MTV News - For The Record: Quick News On Jessica Simpson, Pink, Kelly Clarkson, Killers, Prince, Angelina Jolie & More

それから、次のミュージックビデオの監督は Tim Burton に決まったようです。"次"というのは "When You Were Young" ではなく、その次の "Read My Mind" です。もう次のシングルまで決まってるんですね。(どこまで決まってるか分からないですが。)

Tim Burton To Direct The Killers' Next Video - Entertainment News, Reviews, Competitions - Entertainmentwise
posted by jennycf at 17:40| Comment(1) | TrackBack(1) | The Killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

The Killers の新曲が聴けます!

MTV Overdrive で The Killers の新曲 "When You Were Young" が聴けます!以下のサイトの "Just click here to hear it" というところをクリックすると聴けます。

MTV News - Preview New Killers Single - Here, Now

私は MTV Overdrive ではあまりキレイな音で聴けなかったのですが、 Island Records のサイトではキレイに聴けました。

Island Records - 01 When You Were Young


この "When You Were Young" はニューアルバムからの 1st シングルで、今聴けるのは40秒だけですが、今月の終わりにはラジオで聴けるようになります。ちなみに、シングルの発売は9月18日です。Brandon (singer) によるとシングルはかなり慎重に選んだようです。この40秒の曲を何回も聴きましたが、私が想像していたのとはちょっと違いました。といっても全部聴かないと分からないですよね。

そして、アメリカでのアルバムの発売は10月3日です!(10月3日って・・・) アルバム全体もどんな感じなのかちょっと不安ですが、本人たちはかなり自信があるみたいなので、それを信じて待つしかないですよね。アルバムのタイトルはまだ決まってないようです。

最近、The Killers はイギリスに行ってたので、てっきりイギリスでレコーディングしたのかと思ってましたが、レコーディングは彼らの hometown である Las Vegas で行ったようです。

そういえば、来日したときにもやっていた "Where is She?" という曲はアルバムには入ってないようです。この曲はスコットランドをツアー中に Brandon が teenager の女の子が殺されたというニュースを見て書いたもので、 Brandon は後にその女の子の家族に謝罪したようです。そんな経緯からアルバムには入れなかったのでしょう。ライブではやるかもしれないですが、スコットランドではやらないみたいです。

Scotsman.com News - Scotland - Edinburgh - The Killers drop song about Jodi Jones death
posted by jennycf at 09:01| Comment(1) | TrackBack(1) | The Killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

The Killers は emo が嫌い

The Killers がイギリスの雑誌 NME に emo や pop-punk が嫌いと語ったことで、また Fall Out Boy との言い争い(?)が加熱しています。

NME.COM - News - The Killers lash out at emo groups

MTV News - Killers, Fall Out Boy Heat Up The Beef Again; Wentz Calls Flowers 'Arch-Nemesis'

しかも、今回は Fall Out Boy だけでなく、 panic! at the disco も彼らの発言にコメントしています。

BARKS - panic! at the disco : パニック!アット・ザ・ディスコ VS キラーズ

いったいいつまで続くのでしょうか?個人的にはこういうのはどうでもいいから、早くアルバムを出して欲しいです。この NME の記事は次のアルバムについてだったのでしょうけど、それよりも別のことで取り上げられてますね。


そういえば、 The Killers の biography/photo book が発売されています。この本の著者は Ronnie (drums) の友達で、一緒にバンドを組んでたこともあるようです。この著者が The Killers について語っている記事があるので、興味がある人は読んでみてください。

The Rebel Yell: Article: Killer instincts

posted by jennycf at 03:01| Comment(0) | TrackBack(1) | The Killers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

Lifehouse のライブチケット購入!

8月12日に San Mateo County Fair の中で行われる Lifehouse のライブチケットを買いました!

 San Mateo County Fair - Lifehouse

場所が少し遠いし、この日はちょうど日本から戻ってくる日だし、スタンディングじゃないみたいなのでどうしようかと思ったのですが、やっぱり買ってしまいました。コンサートチケットはいろいろあわせて全部で $19 でした。日本だと 6,000 円ぐらいするので、それに比べれば安いですよね。これなら何回行ってもいいかなって思います。

San Mateo County Fair.jpg

Lifehouse のライブは今年の1月にも行きましたが、その時とは違う曲もやってくれるみたいなので、楽しみです。こんどはカメラも持って行きますよ!

オフィシャルサイトにある Jason のコメントによると、次のアルバムの準備をしているようです。そのうち、新曲やレコーディング風景もオフィシャルサイトにアップされるようなので、楽しみですね!

 Lifehouse - Official Site

そして、今日(7月5日)は Jason の26歳の誕生日です。 Happy Birthday!
posted by jennycf at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

Evanescence の 2nd アルバム発売は10月3日

いよいよ Evanescence の 2nd アルバムが発売されます! 1st アルバムの "Fallen" が発売されたのは2003年なので、もうあれから3年ですね。 2nd アルバムのタイトルは "The Open Door" で、発売日は10月3日です。

"The Open Door" からの 1st シングルは "Call Me When You're Sober" という曲です。この曲は8月7日頃からラジオでオンエアされるようなので、どんな曲か楽しみですね!

Amy は6月18日にカナダで行われた MuchMusic Video Awards 06 にプレゼンターとして登場し、アルバムについてメディアに話をしたようです。MMVA のときの写真が以下のサイトで見れます。

 MuchMusic.com | MMVA06 Photos - THE PARTY (06)
 MuchMusic.com | MMVA06 Photos - THE RED CARPET (22)

いろいろな記事を読んでいると、 Amy は「今すぐにでも発売したい」と言っているので、もう完成してるということでしょうか? それにしては発売日がかなり先のような気がしますが、他のアーティストみたいに発売日が延期されるってことはなさそうで安心です。発売までにたくさん宣伝するんでしょう。もしかしたら発売前にツアーやったりするかもしれませんね。個人的にはアルバムが発売された後にライブに行きたいですが。

曲を作るときの話で、ヨーロッパツアー中にいなくなった(脱退した) Ben Moody とは一緒に曲を作ったことはないと Amy が言ってるので、ふたりはもともとそんなに仲が良くなかったのかもしれませんね。彼がいなくなったのは自然な流れだったのかも。(勝手な推測です。)

発売まであと約3ヶ月です。それまでは "Fallen" と "Anywhere But Home" を聴いて待ちます!
posted by jennycf at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Evanescence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

リニューアル!

ずっとやりたかったこのブログのリニューアルをついにしました!

今まで Firefox ではきちんと見れなかったのですが、見れるようになりました。けっこう前から Firefox を使いたいと思っていたのですが、自分のブログがきちんと表示されないので諦めてました。昨日、試験が終わったので、早速変更しました。

なんですが、古いデザインが表示されるページがあるかもしれません。たぶんもう大丈夫だと思いますが、おかしな表示が出てきたらごめんなさい。
posted by jennycf at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

Hoobastank のテレビ番組でのライブ映像が見れます!

アメリカで5月19日の夜中に放送された Jimmy Kimmel Live というテレビ番組で Hoobastank が "Inside Of You" をパフォーマンスしました。その映像が Jimmy Kimmel Live のウェブサイトで見れます。

 ABC.com Jimmy Kimmel Live

テレビでの放送は夜中の1時前でルームメイトが寝ていたため、ヘッドホンを付けてこっそりテレビを見てました。Doug の足って細いですね。見ていてすごく気になりました。今回はスタンドマイクじゃなかったですね。私はこっちの方が好きです。それにしても、いろんなトーク番組でパフォーマンスしてますが、それだけ注目されてるってことで、嬉しいです! ちなみに、最近のお気に入りは "Good Enough" です。(まだ発売から1週間しか経ってませんが。)
posted by jennycf at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

Hoobastank のニューアルバム発売!

今日、5月16日にアメリカで Hoobastank のアルバム "Every Man For Himself" が発売されました!

というわけで、買いに行ってきました。お店に行ったら、入り口の "NEW RELEASE" のところに置いてあるのをすぐに見つけました。赤と緑が交互に置いてあって、けっこう目立ってました。緑の限定盤と赤の通常盤と何が違うのか確認しましたが、中は同じみたいです。個人的には赤の方が好きですが、やっぱり緑の限定盤を買いました。たぶん通常盤の赤の方が良く見てるので、赤のほうが良いと思ってしまうんでしょうね。限定盤も通常盤も "If I Were You" と "Born to Lead" のミュージックビデオが収録されてます。

これでやっと私の iPod にもニューアルバムの曲が全部入りました。しばらくは "Every Man For Himself" をひたすら聴き続けます!
posted by jennycf at 17:39| Comment(3) | TrackBack(1) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

Hoobastank がテレビ番組で "Inside of You" をパフォーマンス!

Hoobastank が5月12日にアメリカで放送された "The Tonight Show With Jay Leno" というテレビのトーク番組でパフォーマンスをしました。演奏したのは "Inside of You" です。

トークショーはスタジオでの収録ですが、彼らのパフォーマンスは外のステージでした。テレビでの放送は1曲だけでしたが、多分それ以外も演奏してるんでしょうね。メインゲストは Tom Hanks でしたが、彼は Hoobastank のステージには登場しませんでした。一緒に並んでるところが見れると思ってたのにちょっと残念でした。

やっぱり "Inside of You" はいいですね! たまに Doug が歌ってる途中で白目をむいているが気になりました。あと、スタンドマイクだと、 Doug の顔があまり見えないですよね。あまり好きじゃないかも。

アメリカでのアルバムの発売はいよいよ明後日です!

photo_20060513 006 P.jpg

photo_20060513 013 P.jpg

photo_20060513 008 P.jpg

photo_20060513 009 P.jpg

photo_20060513 016 P.jpg

photo_20060513 018 P.jpg
posted by jennycf at 18:06| Comment(1) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

MTV の The Leak で Hoobastank のアルバムが全曲聴けます!

MTV のウェブサイト The Leak で Hoobastank ニューアルバム "Every Man For Himself" が全曲聴けます!

日本ではもう発売されてるので今更って感じかもしれないですが、アメリカでの発売は5月16日です。ライブのときに Doug が「5月16日はキーワードだ!」と言ってたのでしっかり覚えてます。今、これを書きながら聴いていて、まだ全曲聴いてないのですが、今のところ "Inside of You" が好きです。ライブでもかなり盛り上がってましたよ。

ところで、アメリカ盤の赤と緑 (Limited Edition) は何が違うのでしょうか?もしかして色が違うだけ?日本盤は緑の方はDVDが付いてますけど、アメリカ盤は良く分かりません。5月16日にお店に行って確認します。

アメリカでの発売まであと4日です! 次に近くに来てくれるのはいつかな〜。

MTV Music The Leak Hoobastank Every Man For Himself Full-Length Album Preview


Every Man For Himself
Hoobastank "欲望~デラックス・エディション(初回限定生産)(DVD付) [Limited Edition]"


Every Man For Himself
Hoobastank "欲望"

posted by jennycf at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

Mike Shinoda (Fort Minor) と Holly Brook が TRL でパフォーマンス

昨日5月1日にアメリカで放送された MTV の TRL という番組で Mike Shinoda と Holly Brook が、 Fort Minor のアルバム "The Rising Tied" からのシングル "Where'd You Go" を演奏しました。 TRL は平日に毎日放送されている生放送のカウントダウン番組です。私が住んでいるところでは3時半からの放送ですが、良く豪華なゲストが登場します。

パフォーマンスは "Where'd You Go" だけだったので、登場したのは Mike と Holly だけでした。まずは始めの方に登場して、 Mike Shinoda としてではなく Fort Minor としてアルバムをだした理由や、 Holly が Fort Minor のアルバムに参加した経緯なんかの話をしてました。それからすぐにパフォーマンスするのかと思ったら、番組の一番最後まで引っ張りました。

パフォーマンスを見ていて思ったのですが、 "Where'd You Go" は Mike よりも Holly がメインですね。Holly はキーボードを弾きながら後ろの方で歌っていたので、ちょっと変な感じがしました。

MTV のサイトで、Fort Minor Holly Brook "Where'd You Go" に投票ができます!

  MTV - Onair - Trl - Vote

photo_20060501 001 P.jpg

photo_20060501 004 P.jpg

photo_20060501 007 P.jpg

photo_20060501 012 P.jpg

photo_20060501 013 P.jpg

photo_20060501 009 P.jpg
posted by jennycf at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

4/24 の hoobastank ライブ in San Francisco!

遅くなりました。あれからもう1週間なんですね・・・。先週の今頃はちょうどライブを楽しんでました。ライブに行ったために宿題が大変なことになって更新できませんでした。

行く前は無料だから人がいっぱいで入れないかもとか思ってましたが、全然そんなことありませんでした。7時半開場だったのですが、私が7時45分ごろに行ったら、外に人の列ができてたのですぐに「これだ!」って分かりました。チケットがないから入るのに時間がかからないと思ってたのですが、持ち物やIDを確認されたので実際に入ったのは8時ごろでした。荷物検査といっても、カメラとかじゃなくて、危険な物を持ってないかの確認でした。アメリカらしい。

8時25分ぐらいになってオープニングアクトの "Hot Like A Robot" というバンドが出てきました。開始は8時半だったのに、それより前に始まることもあるんですね。私はオープニングアクトのことは全く調べてなかったので、彼らのことは全然知らなかったのですが、 San Diego のバンドだそうです。 Hoobastank とは音楽的にちょっと違いました。個人的にはいいなと思った曲もありましたが、ボーカルの歌い方が好きじゃないです。

オープニングアクトが終わって、しばらく待たされましたが、となりにいた日本人が「なんでみんな帰らないの? Hoobastank 終わったんだよね?」ずっと話をしていて、おもしろかったのでずっと話を盗み聞きしてました。私は誰が見ても日本人って分かると思うのですが、彼女たちは気付かなかったみたいです。どうやら、 Hoobastank を知っていて来たわけじゃなく、たまたまその日にそのクラブに来ただけみたいです。無料だとこういう人たちも来るってことですね。

しばらく待ったあと、Hoobastank のメンバーが出てきました! 私は Hoobastank のライブは初めてだったので、「わー本人だ!」と感激しました。会場が小さなクラブだったので、盛り上がりはかなりすごかったです。会場全体で盛り上がってる感じでした。私は新曲は "If I Were You" と "Born To Lead" しか知らなかったのですが、他の曲もいい感じで早くアルバムが聞きたい!って思いました。 どうやら彼らは "The Reason" をあまり演奏したくないみたいです。もちろんやってくれましたが、この曲をやってくれと言う人が多くて(というか、たぶんこの曲しか知らない人が多くて)嫌みたいです。でも、前ふりはけっこうおもしろかってです。他のバンドの有名な曲とか演奏してました。

ちなみに、セットリストは以下の通りだそうです。記憶力が悪い私が覚えているのは、半分ぐらいです。どの曲をやったかは覚えられるのですが、順番は無理ですね。一緒に行った友達が、「一番最初の曲は Same Direction って歌ってたよ」と言ってたので、最初の曲も覚えてないのかとかなり落ち込んだのですが、最初の曲は "Crawling In The Dark" であってて、かなりほっとしました。

Crawling In The Dark
Up And Gone
Running Away
Inside Of You
Remember Me
Same Direction
1st Of Me
Let It Out
Pieces
If I Were You
Born To Lead
The Reason
Without A Fight
Out Of Control
Disappear

カメラを持っていったので、最初は写真を撮るのに一生懸命でしたが、これじゃライブを楽しめないと思って、何枚か撮ったらすぐにしまいました。でも、 "If I Were You" は Doug がギターを弾いてたのでやっぱり撮りましたが。私は Josh の前にいたので、 Josh の写真はけっこうきれいに撮れたのですが、他の3人はあまりきれに撮れませんでした。特に Chris は遠かった。 Doug と Dan がこっちに来てくれないかな〜とずっと待ってたのですが、来てくれませんでした。彼らは動かないんですね。なんでー!ちょっと寂しかった。

そんなわけで、宿題がたくさんあるし行くのやめようかとも思ってましたが、やっぱり行って良かった!楽しかった!今度また San Francisco に来たら絶対にまた行きますよ。今度は無料じゃないでしょうけど、日本でライブに行くよりは安いでしょうから。遠いと行くのが大変なので、やっぱり San Francisco に来て欲しい。かなり盛り上がってたので、次もきっと来るでしょう!

早くニューアルバムが聞きたい!といっても焦る理由はないので、ゆっくり5月16日を待ちます。

photo_20060424 005 P.jpg

photo_20060424 004 P.jpg

photo_20060424 009 P.jpg

photo_20060424 013 P.jpg

photo_20060424 012 P.jpg
posted by jennycf at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

これから Hoobastank の "The Every Fan For Himself Tour" へ

これから Hoobastank の "The Every Fan For Himself Tour" に行ってきます!フリーライブでチケットがあるわけではないので、会場に入れるかどうか心配ですが、カメラも持って行きますよ!
posted by jennycf at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

Hoobastank が Punk'd

アメリカで4月10日初回放送の MTV Punk'd に Hoobastank が登場しました。ターゲットになったのは Doug で、他のメンバーは出てきませんでした。 Doug も悪いことするんですね。見ていて、それはちょっとまずいでしょうって思いました。

私は何回か放送を見逃し、昨日やっと見ることができました!何回も再放送してくれるので、また見ますよ。

MTV.com - Punk'd

photo_20060413_001_P.jpg
photo_20060413_010_P.jpg
photo_20060413_012_P.jpg
posted by jennycf at 02:48| Comment(3) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

Hoobastank がフリーツアー

Hoobastank がアメリカで "The Every Fan For Himself Tour" を行います。チケットは全てフリーで、必要なのは以下のサイトで登録するだけです。

The Every Fan For Himself Tour

私が住んでいるところにも来ると知って、すぐに登録してしまいました!個人的にはアルバムが発売されてからライブに行きたいと思っていたのですが、今回のはフリーなので、また来たらまた行けばいいかなと思ってます。4月24日のライブまであと約1か月なので、しばらくは Hoobastank を聞きまくります!
posted by jennycf at 05:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Hoobastank | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

Lifehouse 昼ドラでパフォーマンス

Lifehouse が昨日放送された "One Life to Live" というソープオペラの中でパフォーマンスをしました。ソープオペラとは日本でお昼の1時ぐらいにやってるドラマのことです。

私は Lifehouse がパフォーマンスをするということは知っていたのですが、どんな番組なのか全く知らずにテレビを見ていました。最初は見てる番組を間違えてるのかと思ったのですが、ソープオペラだと知って意外でした。

30分ぐらい経った頃に、ドラマ主人公がいるバーで "Blind" を演奏しました。途中で少しだけ主人公たちが話をしている場面が入りましたが、Lifehouse の演奏場面がほとんどでした。その後も、 Lifehouse のメンバーとドラマの登場人物が絡んでくれないかなと期待しながら見ていたら、「 Lifehouse なら俺の人生を救える」みたいなことを言ってる人がいて、これはもしかしてまた登場するかもと思っていたら、最後に "You And Me" 演奏してくれました。でも、 "You And Me" の方はドラマの登場人物ばかり映されてて、 Lifehouse が見れたのは最初と最後だけでした。

"You And Me" を演奏する前に、登場人物の後ろで Lifehouse の3人が演奏の準備をしてるふりをしている場面があって、見ていてちょっとおもしろかったです。アメリカのソープオペラを見たのは初めてですが、見ていてあまりドロドロしてないと思ってたのですが、予告編を見てどこも同じだなって思いました。Lifehouse が出演した日はみんなハッピーエンドにしたみたいですね。

Lifehouse in One Life to Live
posted by jennycf at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

Linkin Park がグラミー受賞!

2月8日に Los Angels で行われた 48th Annual Grammy Awards で、 Linkin Park と Jay-Z の "Numb/Encore" が Best Rap/Sung Collaboration を受賞しました!

48th Annual Grammy Awards Winners List
(Category 33)

2月8日にテレビで授賞式の様子が放送されていたようですが、私は見ることができませんでした。 Linkin Park と Jay-Z がパフォーマンスをすることも知っていたので見たかったのですが、残念です。

パフォーマンスしたのはもちろん "Numb/Encore" ですが、 Paul McCartney も参加して "Yesterday" も歌ったようです。レッドカーペットやバックステージでの様子が授賞式の次の日にテレビで何度も放送され、 Linkin Park もけっこう出てましたよ。パフォーマンス、レッドカーペット、写真などが以下のサイトでたくさん紹介されているので、ぜひチェックしてください。

The Linkin Park Times

レッドカーペットでは、「何で Jay-Z と一緒にやることになったの?」と質問されていて、思わす今更どうしてその質問なんだろうと思ってしまいました。でも、ファンじゃない人は知らない情報ですよね。グラミーはいろんな人が見るし。

レッドカーペットのファッションチェックをするテレビ番組が2つあったのですが、どちらも Linkin Park についてあまり良いことは言ってませんでした。 ”Fashion Police: The 2006 Grammy Awards" という番組では、「マフィアみたい」って言われてました。また、 " Grammy Awards Fashion Wrap" という番組では、「グループで統一されてない」みていなことを言われてました。確かに、6人がそれぞれ好きなものを着てるって感じがしますが、6人とも同じような格好をしてるのは想像したくないですね。テレビで何回も放送されるのはファンとしてはうれしいですが、放送されている内容がこれなので見てて微妙でした。

グラミーで話題になったのは、次のアルバムを発売するのにいい宣伝になったかもしれませんね。といっても、アルバムの発売はまだまだ先かな。

R0011213 p.jpg
posted by jennycf at 05:39| Comment(2) | TrackBack(1) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

Lifehouse のライブに行ってきました!

おととい(こっちの1月19日)に San Francisco での Lifehouse のライブに行ってきました。

オープンが7時、スタートが8時だったのですが、私は7時半頃に行きました。私が着いたときはまだフロアの3分の1ぐらいしか人がいませんでした。日本だとロッカーに荷物を入れますが、こっちの人はみんなコートを着てるし、かばんも持ったままでした。

8時になってオープニングアクトの Mozella が出てきました。私は彼女については全く知らなかったのですが、まあまあ良かったです。 Mozella がパフォーマンスをしている間に、なにげなくステージ横の2階席を見たら、なんとそこに Jason (vocal & guitar) らしき人が!しかも、 Jason だけでなく、 Rick (drum) と Bryce (Bass) も座って Mozella のパフォーマンスを見てました。 Jason はステージを指差しながら一生懸命何かをしゃべってましたが、今から考えると、あれは "Everything" と "Spin" のときに Jason と Bryce がいた場所についてしゃべっていたのかなと勝手に推測しています。もしくは、 "Pump It Up" のときに Jason が降りてきた場所についてだったのかもしれません。

9時過ぎになって、やっと Lifehouse のメンバーが現れてライブが始まりました。セットリストは以下のとおりです。

Chapter One
Am I Ever Gonna Find Out
Better Luck Next Time
The End Has Only Begun
Sick Cycle Carousel
Pump It Up ( Elvis Costello のカバー)
Days Go By
Blind
I Want (新曲)
Just Another Name
All In All
Everything
Hanging by a Moment
You And Me
Spin

セットリストは、3日前の LA でのライブと全く同じみたいです。私は LA のセットリストと LA の前の日の San Diego のセットリストを Lifehouse Fans の Community でチェックしていました。

"Chapter One" では、いきなり Jason がキーボードを弾いてました。いつもギターなので、キーボードのイメージはなかったです。
"Better Luck Next Time" のサビのところでは、 Jason が全く歌わず、 Bryce が1人で歌ってたところがありました。 Bryce って、けっこう上手く歌うんだなって思いました。テレビ番組のパフォーマンスを何度か見たことがありましたが、いつもあまり聞こえなくて良く分かりませんでした。
4日前の San Diego では "The End Has Only Begun" ではなく "Come Back Down" だったので、 "The End Has Only Begun" が始まったときは "Come Back Down" はやらないんだなと思って、ちょっと残念でした。個人的に、 "Come Back Down"は大好きなので。
"Sick Cycle Carousel" の前に、「この曲は San Francisco で始めて演奏した」みたいなことを言ってましたが、良く分かりませんでした。 Jason のしゃべりは正直言って、聞き取りにくいです。
"Pump It Up" は Elvis Costello のカバーですが、かなり良かったです。最初は Jason はギターを弾いていたのですが、途中でギターを渡し、マイクを持って観客の方に降りてきました。私は Jason に触れるほど前の方ではなかったのですが、前の方の人たちは Jason に触りまくってました。マイクを持ってる方の脇の下とかベタベタ触ってる人がいて、ちょっと Jason がかわいそうになりました。それでも最後までずっとみんなに触られたまま歌ってました。
"Blind" は、当然アルバムバージョンだろうと思っていたら、なんとシングルバージョンの短い方で、ちょっとがっかりしました。あのサビの部分が好きなのに。
"I Want" は新曲で、 Jason がキーボードを弾きながら1人で歌ってました。キーボードの準備をしている間、 Jason がギターを弾きながら "Hanging by a Moment" の最初の部分を歌い始め、他のメンバーはステージから去っていき、 "Hanging by a Moment" を1人で歌うかのように見せかけてました。私は San Diego と LA の情報でそのことを知っていたのですが、あれってツアー中ずっとやるのでしょうか?新曲はゆっくりの曲で、とてもいい曲です。次のアルバムが楽しみです。
"Just Another Name" では、 最初 Jason と Ben (guitar) の2人だけで、途中から Rick と Bryce がタンバリンと鈴を持って出てきました。 Bryce は途中から、 Jason のところに行って、同じマイクで一緒に歌ってました。なんかちょっとおもしろかったです。そして、 Bryce は使ってた鈴を観客に投げてました。 Rick はいつも後ろにいるので、良く見えるところに出てきてくれて嬉しかったです。曲が終わった後は、3人で少ししゃべってましたが、あまり良く理解できませんでした。
"All In All" は、曲の前に Jason が「好きな曲」と言ってました。
"Everything" は、このライブの中で一番良かったです。 Jason はかなりの迫力で歌い、歌が終わった後はみんなを盛り上げようとマイクが無いところで何度も "Come on!" と言いながらかなり激しくギターを演奏してました。 "Everything" が終わった後は、拍手が鳴り止まなかったです。
"Hanging by a Moment" はやっぱり一番観客が盛り上がる曲ですね。他の曲では全く歌ってない人でも、この曲だけはみんな歌ってました。
"Hanging by a Moment" が終わると、みんなステージから去っていきましたが、しばらくしてみんな戻ってきて "You And Me" を演奏しました。これはやっぱりみんなで大合唱です。
最後は "Spin" でした。私は "Spin" が好きなので、この曲が始まったときは嬉しかったですが、これが最後かなと思うとちょっとさびしかったです。
終わったのは10時20分頃でした。なので、約1時間15分です。

私は Bryce の前(ステージに向かって右側)にいたのですが、 Bryce って大きいですね。すごく背が高く見えました。 Bryce と同じステージにいると、 Jason はすごく小さく見えました。それはともかく、今でも Jason や Bryce が歌ってる姿が頭に浮かびます。

こっちでライブに行ったのは初めてで、日本より盛り上がるのかと思ってましたが、あまり変わらない気がします。私は前から10列目ぐらいのところにいましたが、周辺の人はじ〜っと聞いてる人が多かったです。だから、コートを着たまま、かばんを持ったままでも問題ないんですね。前の方の人たちはもちろん盛り上がってましたけど。

あと、チケットに "NO CAMERA" と書いてあったにもかかわらず、たくさんの人がカメラを持っていて、写真を取りまくってました。こんなことならカメラを持っていけば良かったと後悔しました。

Lifehouse Fans の Community に、写真などがあります。

LifehouseFans Community - San Francisco Fillmore Show - 1-19-06
 写真 Pump It Up I Want 写真
posted by jennycf at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

Story of the Year "Take Me Back" のミュージックビデオが見れます。

Myspace.com で、 Story Of The Year の "Take Me Back" のミュージックビデオが見れます。

Myspace.com ホームで「更新」ボタンを何回か押していると、 MySpace Specials というところに Story Of The Year のミュージックビデオへのリングが表示されます。(Story Of The Year のページにはミュージックビデオへのリンクはありません。)

Myspace.com

今までのミュージックビデオの中で、一番彼ららしいビデオではないでしょうか。
posted by jennycf at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Story Of The Year | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

Now #1's に Lifehouse と Hoobastank の曲が収録

1月24日に発売される Now #1's に、 Lifehouse の "Hanging By A Moment" と Hoobastank の "The Reason" が収録されます。

Now That's What I Call Music! Launches NOW #1's Hits CD! Financial News - Yahoo! Finance

NOW アルバムシリーズは、1997年に始まり、最新のものは昨年11月に発売された NOW 20 です。今回の Now #1's は、これまでに NOW アルバムシリーズに収録された曲の中から20曲を選んだもので、すべてのジャンルから選ばれています。また、ここに収録されている曲は全て、 Billboard Hot 100 or Top 40 charts で1位になったものであり、ラジオで長期間に渡って何度も流された曲ばかりです。

NOW は人気があるコンピレーションアルバムなので、普通の NOW に収録されただけでもすごいなと思うのですが、そこからさらに選ばれるというは本当にうれしいですね。

Now #1's
Now #1's
posted by jennycf at 06:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。