2006年10月30日

Evanescence のライブに行ってきました!

先ほど、Evanescence のライブに行ってきました! (途中からネタバレあります。)

すごい良かったです! 今日が全米ツアーの最終日ということもあって、本人た ちもかなり気合が入っていたと思います。"Fallen" の曲も、"The Open Door" の曲も、みんなかなり歌ってました。日本だと、だいたいシングルの曲しかみんな 歌わないですが、こっちの人は全曲歌詞を覚えてる人が多いですね。私もかなり大声で歌いました! たくさん叫びました! 明日はしゃべれないかもしれま せん。そういえば、照明がかなり凝っていて、すごく曲に合わせてあって、盛り上がりを促進させてました(日本語おかしい?)。

最初にピアノを弾くときに、Amy が「ピアノの前に座れて嬉しい」みたいなことを言ってました。最初は座りたかったの?とか、訳の分からないことを思ってましたが、後で考えたら、きっとあのピアノは彼らが持って回っているものではないんでしょうね。キーボードもあったので、あのピアノは借り物で、いつもはキーボードだけなのかも知れないですね。だとしたら、すごくラッキーです!

それから、新メンバーの Tim McCord の紹介もしてました。今日初めて見ましたが、あまり印象にないです。というか、他のメンバーが特徴あるから、なんか普通の人って感じでした。

最後に "See you next year!" と行っていたので、来年またツアーで来てくれるでしょう!

−−− ここから、ネタバレありです −−−




(セットリストは一番下にあります。)

Lithium のときに、初めてピアノが登場しました。 Lithium は最初 Amy のピアノだけで、途中から他のメンバーも加わりました。こういう曲は Evanescence 独特って感じがします。次の Good Enough は最後まで Amy だけでした。

Good Enough が終わるとピアノは片付けられました。その次は Call Me When You're Sober だったのですが、最初の部分などのピアノが必要なところはステージの右端に置いてあったキーボードを立ったまま弾いてました。そして、弾き終わると急いで置いてあったマイクを持って歌ってました。(もちろんキーボードのところにはマイクはありました。)

Call Me When You're Sober は盛り上がる曲ですね! 歌いやすいからかもしれないですが、この曲から盛り上がり度が増しました。そして、Bring Me To Life の頃には、私の喉はけっこう限界にきてました。

そういえば、Bring Me To Life の中で、いつも John が歌ってますが、なんと "all that time I can't believe I couldn't see 〜" のところしか歌ってませんでした。最初のサビのところで、歌ってないのに気づいて、あれ?と思いましたが、一瞬、私の勘違いかと思いました。一緒に行った友達は、あの部分を John が歌ってなかったのが、かなり寂しかったようですが、私はこれもありかなと思いました。そんなに不自然じゃなかったですよ。友達にしてみれば、Amy の声は高いので、あそこが唯一歌えるところかもしれませんが。

Lacrymosa は好きな曲ですが、ライブでやると思っていませんでした。この曲、歌ってて気持ちいいですね。アンコール前の最後にこの曲をやるってところが Evanescence らしいなって思いました。

アンコールを待っているときに、何をやるのか考えてました。 My Immortal が残っていることは知ってましたが、最近 Amy は、「 My Immortal は Ben が作った曲」ということを言っているので、もしかしたらやらないのかと思ってました。でも、人気あるし、外せないですよね。

My Immortal が終わったときに、これで終わりだったら嫌だな〜と思ってたのですが、最後がちゃんとありました。最後が All That I'm Living For だとは全く予想できませんでした! 最後はシングル曲をやる人が多いですが、彼らはいつも違いますね。この曲、あまり歌詞を覚えてなかったのですが、"all that I'm living for, all that I'm dying for" のところだけ歌ってました。

Fallen の曲が6曲、 The Open Door の曲が8曲の計14曲でした。個人的には "The Open Door" の曲の方が好きですが、 Fallen の曲のほうがライブでは盛り上がるような気がします。


10月29日サンフランシスコのセットリスト。(順番はもしかしたら間違ってるかもしれません。)

Sweet Sacrifice
Weight Of The World
Going Under
The Only One
Haunted
Whisper
Lithium
Good Enough
Call Me When You're Sober
Imaginary
Bring Me To Life
Lacrymosa
(アンコール)
My Immortal
All That I'm Living For
ラベル:Evanescence ライブ
posted by jennycf at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Evanescence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

Amy による "The Open Door" の説明

ずいぶん前になりますが、 VH1.com のサイトに Amy によるアルバム "The Open Door" の説明が掲載されました。当時はまだアルバム発売前だったので、読んでなかったのですが、歌詞をだけでは分からない曲の意味が分かります。

Amy の歌詞は難しいって思うのは私だけでしょうか?私が聞いたことがない単語がたくさん出てくる気がします。でも、 "The Open Door" の歌詞は、 "Fallen" の歌詞よりも分かりやすいですね。

VH1.com : News : Evanescence: Amy Lee Explains the New Songs

Amy による "The Open Door" の説明のコピー
ラベル:Evanescence
posted by jennycf at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Evanescence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

Evanescence のライブまであと10日!

気づけば、 Evanescence のライブまであと10日になりました! もちろん、忘れてなんかいませんよ。

10月3日の発売日に "The Open Door" を買いに行きました。今は毎日聴いてます。アメリカの Billboard で1位になったと知ったときは、私が買った1枚もその数に入っているのかと思うと、さらに嬉しかったです。

アルバムを買ってすぐは、シングルの "Call Me When You're Sober" が一番好きでしたが、今は "Like You" "Lithium" がお気に入りです。個人的には 1st アルバムの "Fallen" よりも、 "The Open Door" の方が好きです。

ライブでは、新しい曲をいっぱいやってほしいですね。 MTV.com とかで、ツアーのレビューが載ってますが、見ないようにしています。どの曲をやるのか、当日までのお楽しみにします。歌詞はさびの部分はけっこう覚えましたが、逆に、 "Fallen" の方を忘れてしまってる気がします。

まだ10日あるってことで、予習がんばります!
ラベル:Evanescence
posted by jennycf at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Evanescence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。