2005年12月31日

Evanescence の曲が映画 Tristan & Isolde のCMで流れてます!

来年1月13日からアメリカで公開される映画 Tristan & Isolde のテレビCMで、 Evanescence の "Going Under" が流れています。

この映画のサウンドトラックを探してみたのですが見つかりませんでした。たぶんサウンドトラックには収録されたりはしなくて、ただテレビCMで使われてるだけなのかなと勝手に思ってます。

Evanescence は現在、次のアルバムの制作中ですが、いつリリースされるのでしょうね。
posted by jennycf at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Evanescence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

Linkin Park がレーベル Warner Bros. と再契約

Linkin Park が2006年半ばに予定されているニューアルバム向けて、レーベル Warner Bros. と再契約したようです。

mtv.com - News - Linkin Park Can Get Back To Making Music After Settling Label Dispute

無事に次のアルバムがリリースされることになったので安心しました。過去の Warner との交渉決裂の理由を良く分かってなかったのですが、この記事を読んでやっと少し分かりました。 Warner の経営方針に文句を言ってたんですね。それが自分たちのアルバムの宣伝に影響するとなると放ってはおけないとは思いますが、私には会社の経営についてはよく分かりません。

以下、だいたいの訳です。間違っていたらごめんなさい。

今年の初めに Linkin Park が怒って Warner Bros. との契約を解消していたが、再契約し、来年の半ばまでに新しい契約内容でアルバムをリリースする予定だ。

The New York Times のレポートによると、 Linkin Park は先週 Warner との合意に達し、 Warner は次のアルバムのために Linkin Park に前もって$15,000,000を払い、 Warner は Linkin Park からこの先最大で5枚のアルバムの選択権を与えられることになった。また、契約によると、 Linkin Park の著作権を推定20%まで引き上げることを要求できる。これはこのカテゴリーでの上位層にあたる。

Warner も Linkin Park もどちらもこの契約に関して The New York Times にコメントをしていない。(そして、 MTV News も現時点ではコメントを得ていない。)しかし、合意文書の中で、「我々は世界中の Linkin Park のファンの継続的な支持に感謝したい。去年の所有権の変更の後の懸念にもかかわらず、 Linkin Park は Warner のやり方と、 Warner Brothers Record が Tom Whalley (レーベル社長)の指揮の元に Linkin Park の音楽を世界中に効果的にマーケティングできることに満足してくれている」と述べている。

Linkin Park との確執は4月に始まった。 The New York Times によると、それは Linkin Park の代表者が Warner に株式発行の中止を求める手紙を送ったことだ。 Warner はいかなるアーティストも株式の利益を受けることはないと言っていたが、 Warner は Linkin Park との話し合いに応じた。

話し合いは決裂し、株式売却の前日の Warner との激しい交渉の後、5月に Linkin Park は契約解消を要求した。 Linkin Park は文書のなかで、IPO(株式上場)の前に予想されていた削減により Warner が弱くなって Linkin Park のアルバムを宣伝できなくなり、そして、 Linkin Park のアルバムを宣伝するのに「 W.M.G. の財政上の責任者に従って失敗」という結果になるかもしれないと言っていた。また、この文書の中で株式発行は Warner の所有者が「たくさんのお金を受けとる」ことになることを意味すると断言した一方で、 Linkin Park は「 Warner の所有者の最大の act である Linkin Park は何も得ないだろう」と言っていた。

そのとき、 Warner の重役達は、過去に the Dixie Chicks, Beck, Incubus などのアーティストによって雇われた人と同様に、 Linkin Park の不満はお金を得るための時間重視の交渉の策略と見なしていた。 Linkin Park のメンバーは交渉の間もずっと忙しかった。 Mike Shinoda は hip-hop のサイドプロジェクト Fort Minor からのデビューアルバム The Rising Tied を最近リリースし、シンガーの Chester Bennington は "Underworld: Evolution" のサウンドトラックのための初めてのソロの曲をレコーディングしていた。

posted by jennycf at 06:50| Comment(2) | TrackBack(3) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

Charlotte Hatherley はセカンドアルバムの準備中!

Charlotte Hatherley のオフィシャルサイトに、 Charlotte からのメッセーが掲載されています。

Charlotte Hatherley オフィシャルサイト

メッセージの中で今年を振り返っていますが、 Fuji Rock festival で日本に行ったことも書かれています。また、今年後半はニューアルバムの曲を書いていたようで、2006年半ばにリリースする予定みたいです。アルバムの大部分はできていて、もうすぐサンプリングの準備ができるそうです。

次は Ash のアルバムリリースかと思っていましたが、その前に Charlotte の2枚目のソロアルバムがリリースされるのかもしれませんね。
posted by jennycf at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Charlotte Hatherley (Ash) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

Lifehouse とのチャット全文

12月21日に TeenMusic.com で行われた Lifehouse とのチャットの全文が以下のサイトに掲載されています。

Lifehouse とのチャット全文

チャットに参加したのは Rick (Drummer) だけだったようです。まだ全部読んでいませんが、親切に答えてくれたようです。チャットについては Lifehouse Fans の Community のところでかなり盛り上がっています。

LifehouseFans Community - Lifehouse Chat - 12-21

Rick のおもしろい回答があったらまた後日紹介します。そういえば、2006年後半には日本に行くかもって書いてありましたよ。
posted by jennycf at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

Fort Minor の AOL Music Sessions

AOL のサイトで、 Fort Minor の AOL Music Sessions の様子が見れます。 “Believe Me”, “High Road”, “Petrified”, "Remember The Name", “There They Go” の5曲のパフォーマンスが見れます。

AOL Music Exclusive Live Music Videos Online, Live Performances, Concerts

パフォーマンスのほかに、マイクのインタビュー映像もありますが、7月2日に行われたチャリティーイベント Live 8 についての質問で、他のメンバーは休みだったので最初は Mike と Chester の2人だけで参加しようと思っていたら U2 の Bono から Mike に直接電話がかかって、パフォーマンスをしてほしいと説得されたと言っていました。そんなことがあったんですね。


"Fort Minor Media Player" では、 "Remember The Name" のミュージックビデオが見れます。

Fort Minor Media Player

また、以下のリンクから "Remember The Name"をダウンロードできます。

Download Remember The Name
posted by jennycf at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

Fuse のサイトで Fort Minor のライブ映像が見れます!

Fuse のサイトで、Fort Minor のスタジオライブの映像が見れます。見れるのは、 "Remember The Name", "Petrified", "Believe Me" の3つです。

FUSE - Fort Minor Video

この映像は、 Fuse のスタジオで収録され、おそらくテレビ番組で放送されているものの一部だと思います。私のテレビでは Fuse は見れないので、何が放送されているのかずっと気になってました。一部だけでもネットで見れるようにしてくれたのは嬉しいですね。
posted by jennycf at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

Chester Bennington の曲が Underworld Evolution のサウンドトラックに!

Linkin Park のボーカル Chester Bennington の曲が、映画 Underworld Evolution のオリジナルサウンドトラックに収録されます。曲名は "Morning After" で、アーティスト名は "Chester Bennington vs. Julien-K" となっています。

Linkin Park Japan の情報によると、 Bucket of Weenies というサイトで Club Tattoo で行われたライブのときの "Morning After" が聴けます。また、Julien-K についても書かれています。 "Morning After" は、Hurricane Relief Concert で歌っていた "Let Down" という曲とは全然雰囲気が違う曲ですね。

Underworld Evolution Original Soundtrack
Underworld Evolution Original Soundtrack


Sony Pictures - Underworld Evolution
posted by jennycf at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

Lifehouse が 2005 Radio Music Award でパフォーマンス

Lifehouse が12月19日に Las Vegas で行われた 2005 Radio Music Award で "You And Me" をパフォーマンスしました。

NBC.com 2005 Radio Music Awards

アメリカでは19日の夜に放送されたのですが、私は昨日は見れなかったので今日(20日)の再放送を見ました。

このアワードに Lifehouse が登場することは知ってましたが、プレゼンターかと思ってました。パフォーマンスは予想してなかったので、うれしかったです! でも、 "You And Me" はアワードで盛り上がる曲ではないですね。ライブだったらみんな歌って盛り上がるんでしょうけど。

"You And Me" は "Song of the Year/Adult Hit Radio" でノミネートされていましたが、アワードは取れなかったので残念です。


明日12月21日のこっちの時間で午後2時(日本時間の12月22日朝7時)から TeenMusic.com で Lifehouse とチャットができます。イベントは午後2時からですが、チャットはその30分前にオープンします。日本は朝早いですが、参加したい人は前もってサインアップして、質問を用意しておくことをおすすめします。

TEENHOLLYWOOD.COM - Live Chat
posted by jennycf at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

Alex Band のソロアルバム用の曲が聴けます!

The Calling のボーカル Alex Band がソロアルバムに用に書いている曲 “Last Goodbye” が以下のサイトで聴けます。( “Last Goodbye” と書いてあるところを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択してください。)

Alex Band ~ All The Latest News & Info on Alex Band & The Calling

Alex Band のオフィシャルサイトによると、この曲はまだデモの段階で家のスタジオで録音したようです。この曲を選んだ理由は、いろんな意味で彼自身のハートに近いからだそうです。まだデモの段階だからかもしれませんが、 The Calling の曲とは雰囲気が違うような気がします。

Alex Band のオフィシャルサイト

ソロアルバム用の曲はすでに40曲以上書いたようですし、11月にレーベルとも契約したようなので、来年にはアルバムがリリースされそうですね。彼のオフィシャルサイトのメッセージを読んでいると、彼のワクワクした(?)様子が伝わってきて、読んでて楽しくなります!
posted by jennycf at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | The Calling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

最近のお気に入り Lifehouse

最近は、 Lifehouse にかなりはまってます。アメリカでは、3枚目のアルバム "Lifehouse" からのシングル "You And Me" のミュージックビデオがテレビでかなり頻繁に流れてました。 アルバムによって雰囲気がだいぶ違いますが、ゆっくりな曲も速い曲もどっちもいいですね。

Lifehouse media player で、アルバム "Lifehouse" からの2曲目のシングル "Blind" のミュージックビデオと、 "Hanging By A Moment" と "You And Me" のライブパフォーマンスが見れます。ライブパフォーマンスは一部だけです。

 Lifehouse media player

少し前に発売されたDVD "Everything" には、これまでに発売したシングルのミュージックビデオ全6曲とライブパフォーマンス4曲が収録されています。この Lifehouse media player で見れるビデオはこのDVDに収録されているものだと思います。( Amazon.co.jp で見た限りでは、日本のDVDプレイヤーでは再生できないリージョン1しかありませんでした。)

Lifehouse "Everything"
Everything
posted by jennycf at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehouse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

少しだけ変更

このブログを少しだけ変更しました。

・タイトル下のブログの説明
・カテゴリ
→ 好きなアーティストを追加 (Lifehouse)
→ 今の気分で順番を入れ替え
  
・洋楽 アーティスト リンク
→ アーティストを追加 (Alex Band, Charlotte Hatherley, Fort Minor, Lifehouse)

アーティストの順番は、これからそのときの気分でもっと頻繁に変更しようと思ってます。
posted by jennycf at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

Linkin Park と Jay-Z の "Numb/Encore" がグラミーノミネート!

Linkin Park と Jay-Z の "Numb/Encore" が、the 48th Annual Grammy Awards の Best Rap/Sung Collaboration でノミネートされました!

 48th GRAMMY Nominee List
 ( Best Rap/Sung Collaboration は Category 33 です。)

グラミー賞は2月8日にロサンゼルスで行われます。こっちのテレビではその日に放送されるので、今から楽しみです!
posted by jennycf at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

「 AllHipHop.com の Mike のインタビュー訳」の残りを追加!

2005年12月01日の記事「AllHipHop.com の Mike のインタビュー訳」の残りを追加しました!

最後の方はかなり適当な気がするので、参考程度に読んでくださいね。
posted by jennycf at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

AllHipHop.com の Mike のインタビュー訳

AllHipHop.com の Mike のインタビューを簡単に訳してみました。不自然な日本語で分かりにくいかもしれません。間違っていたらごめんなさい。

 AllHipHop.com Features

時間がなくて途中までしかできませんでした。 → 2005/12/04 に残りを追加)

AllHipHop.com: Linkin Park で大成功したのに、どうして Hip-Hop というリスクを冒したのか?なぜ確かな物に執着しなかったのか?

Mike Shinoda: リスクを冒すことは気にしないし、俺にとって、このプロジェクトは Hip-Hop community に何かを言うとか、今の状況について意見するとかではなく、馴染みのある音楽や、時間をかけて作った音楽が好きで、より自然だと感じるアルバムを作りたかった。たくさんの曲はキーボードがベースになっていて、俺が実際に書き、実際に楽器を演奏したアルバムを作りたかった。そして、キーボードにたくさんタンバリンの音があるにもかかわらず、本当のタンバリンの音が欲しかった。だから、お店に行って、タンバリンを買って、家に持って帰って、キーボードだけを使うのではなく、レコードにタンバリンを使った。

AllHipHop.com: executive producer として、 Jay-Z はアルバム "The Rising Tied" にどのくらいの役割を果たしたのか?

Mike Shinoda: 彼は基本的にプロジェクトを監視していて、俺が曲を持っていったときに、キープする曲か、捨てるべき曲か、作業を続ける曲かをおしえてくれた。そして、それは俺にとって良かった。なぜなら、前にも言ったように、俺はあらゆるタイプの音楽を聴くき、そしてあらゆるタイプの音楽を作ることができる。俺は本当にこのアルバムを一貫したものにしたかった。だから Jay-Z のように監視してくれる人が必要で、彼は(曲を)しぼるのを手伝ってくれた。

AllHipHop.com: しばらくの間ラップをしていて、もっと最近はある Hip-Hop アーティストをプロデュースしているが、なぜその前はロックベースの音楽に進んだのか?

Mike Shinoda: 俺は俺達( Linkin Park )でやっていたことがある程度、革新的なものだと分かっていたというは、ほぼ事実だ。俺たちはある種類のミックスされた( hybrid )音楽を待っていて、誰かがそれを作るのを待つのに飽き、俺達自身で作り始めることを決めた。俺は Hip-Hop で育ち、不思議な世界にただ飛び込んだだけだ。でも俺のことを知ってるなら、俺は1つのことにこだわることを知っているだろう。

AllHipHop.com: アルバム "The Rising Tied" を 「ミュージシャンベースの Hip-Hop 」と言っているが、もっと詳しく説明してくれますか?

Mike Shinoda: 俺が「ミュージシャンベース」と言ったとき、それは自然( organic )と言っているのと同じことだ。俺は典型的な Hip-Hop プロデューサーではない。俺は3分半の間、ただビートを繰り返したり、その上に誰かにラップをさせたりはしない。それは昔からある Hip-Hop のスタイルだから、そうする人々を尊敬しているが、俺はメロディーや異なる楽器で書かれた曲の構成が定着しているバックグラウンドから来た。このアルバムでの俺のゴールは、曲を書き、すべての楽器を演奏することで、それは達成できた。

AllHipHop.com: 2つのジャンルで成功したアーティストはほとんどいないが、プレッシャーを感じているか?

Mike Shinoda: それを心配する人々に、俺ができるのは彼らがそう思わないことを願うことだけだ。俺には、違う種類の音楽が最初は不自然に感じたとしても、聴いてみると違ったものに聴こえるとことがよくある。

--- 以下追加 2005/12/04 ---

AllHipHop.com: 新しいレーベル、 Hip-Hop のプロダクションスキル、既に成功しているロックのキャリアとあるが、自分自身もいつか Jay-Z のようになると思うか?

Mike Shinoda: Jay-Z は俺よりもずっと長い間これをやっているから、いつか彼のようになると言うのはとても楽観的だ。俺たちの関心は少し違うと思うから、彼と同じ道を選ぶかどうかは分からないが、キャリアのために今のところにいる。長く音楽を作り続けたいと思っている。

AllHipHop.com: レーベル "Machine Shop" のゴールは何か?

Mike Shinoda: このレーベルは、よりアーティスト中心のレーベルだ。オーナーはアーティストだから、このレーベルを運営するのにたくさんのビジネスマンは必要ない。この業界のことを良く知っていて、同様にアーティストのことも知っている人がいる。だから、アイデアがあれば、 Machine Shop と組むメリットのひとつは、一緒に活動し、フィードバックをあげ、たぶん次のレベルのアイデアを出すのを助けてくれる人がいるということだ。

AllHipHop.com: アルバム ”The Rising Tied" を完全に独自に管理してきたが、他のプロジェクトで苦労したことはあるか?

Mike Shinoda: レーベルと契約して1枚目のアルバムを作るときは、監視する人がいて、彼らは思ったことを言ってくる。俺たちは( Linkin Park の デビューアルバム Hybrid Theory のとき)最終的に彼らを説得したが、その過程で俺たちはレーベルの人からとてもたくさんのばかげた話を聞かされ、頭がおかしくなった。レコードを作る中で本当に楽しいのは、好きな人と、自分が納得のいくアルバムを作ることだと思う。それが苦労しないで楽しんでやる方法だ。次の Linkin Park のレコードも同じような状況でできるように努力するだろう。

AllHipHop.com: このアルバムを「 Hip-Hop を一緒に引っ張っていく人々」と言っていたが、このアルバムを聞いていて思ったことなのか?

Mike Shinoda: このレコードに関わった人々( Common, Black Thought, John Legend )は音楽を作る上で共通の考えがある。このアルバムを "The Rising Tied" という名前にしたのは、このレコードにおいても、それ以外のところでも、彼らが一緒になって音楽を引っ張っていくと思うからだ。

AllHipHop.com: ソロプロジェクトになって、 Linkin Park という枠の外で有名になるのは大変だと思うか?

Mike Shinoda: Linkin Park の外で有名になることに関心はない。全く違うものとして Fort Minor が有名になってほしいが、このレコードで “Mike Shinoda” としなかったのは、俺ではなく音楽を強調したいからだ。俺がこのレコードを書いたことに自信があり、このレコードが俺自身を上手く表現していると分かっているが、俺自身や俺の名前に注目している人々は必要ない。

AllHipHop.com: Linkin Park は "Music for Relief" を運営しているが、どのような経緯からそうなったのか?

Mike Shinoda: 俺たちは東南アジアでツアーを行い、本当にすばらしい場所や人々に出会った。津波が起こったとき、家を襲った。人々はニュースでその様子を見ていて、それが俺たちがいった場所だと信じられなかった。俺たちは俺たちが見たこと、完全に崩壊してしまったことをその通りに認識した。そして、俺たちはこの組織を一緒に作ることを決めたのだが、その時点では基本的にポータルとなる組織のようなものだった。俺たちはこの被害を人々に知ってもらい、お金を集め、 Red Cross や United Way などのチャリティー団体を通してこのお金を渡すことにベストを尽くす。ここアメリカのハリケーンの時には、その時点で集めたお金を Red Cross を通してハリケーン被害に寄付した。

AllHipHop.com: Linkin Park, Fort Minor, そして Hip-Hop プロデューサーとしての Mike Shinoda の今後は?

Mike Shinoda: Linkin Park については、俺たちは今新しいレコードを書いていて、来年リリースしたいと思っている。 Fort Minor については、アルバムが11月22日に発売になるが、俺は本当にワクワクしてる。それまで世界中でツアーをする予定だ。ツアーに対する俺の考えは量より質だから、もしみんなの町でプレイしたら、見に来てほしい。なぜなら、次があるかどうかは分からないからだ。そして、最後に俺については、俺はスタジオにいるのが好きだし、 Linkin Park やそれ以外の活動の合間に、家他のことをやりたい。だから、将来、他のすばらしいアーティストと音楽を作れたら良いと思っている。
posted by jennycf at 17:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Linkin Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。